2011/09/17

◎人間関係(与え与えられ)


僕は「自分。」「自分。」と、自分のことを大切にすることばかり書いているのかもしれませんが、
自分が自分自身、あなたがあなた自身(自分)を大切にすることは
周りの人を大切にすることにつながるのです。
(※自分を大切にするということは”周りをないがしろにしろ”ということではありません。その逆です。)

自分を大切にすることと周りの人を大切にすることはほぼ同じです。

そうすることによって、
あなたはもっと幸せを感じることができます。
あなたはもっと快い行いをすることができます。
あなたはもっと与えることができます。
あなたはもっと勇気が持てます。
あなたはもっと自分自身を好きになれます。


自分自身が満たされていれば、あなたが周囲に与えることが喜びとなってゆきます。
その周囲が満たされれば、さらにその周囲へ喜びを拡大させてゆく。

ただし、与えるとは、相手との関係を発展させるばかりではありません。
自分を大切にすることと相手との関係発展が相反する場合、
逆に関係を離れる場合もあります。


人は、くっ付いて”教えられ”、離れて”教えられる”ときがあります。


あなたは何を人生の指針にするか?そのことを決めるのはとても大切なことでしょう。

与え与えられ、教え教えられ、僕はそうやって改めて人間関係を育みはじめました。